FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陳腐化しないデザインを考える

設計事務所も経年変化をすることをつくづく感じる

新しいクライアントは減ってくるが

それまでの蓄積したクライアントとの関係性は 

非常に複雑になってくる

そして 経年変化した建物のメンテナンスの依頼は

確実に増えてくる

年頭に築28年のクライアントから連絡があり、訪問した

最近長らく会っていなかったので 思わず手を取り合って

なつかしんだが いつしか 家を建てていた当時に

タイムスリップしてきた・・・・

当時から家を 大変きれいに使ってくれる家族であるが

これだけ時間がたって 多少の変化はあるが

ほぼ当時のままで維持されていることに 感動を覚えた

打合せの頃から 時にお酒を飲みかわし

納得しないことは 何度もやり直し かなりの時間をかけたと

記憶する

しかし、丁寧に時間をかけ、 クライアントの希望を満たすだけでなく

先々の 経年変化もある程度見据えていたので

今見ても 熟成した感はあるが デザインの古びた感はない

余りに時代のはやりに迎合した建物は ある時 どうしようもなく

陳腐に見えてくるものである

自分の事はいろいろ言い訳がましく 認めにくいものであるが

他人の建物をみると その流行遅れ感を著しく感じる

しかし 時代の流れは 不思議なもので ある時とても古臭く感じたものが

またしばらくたつとそうでもなくなることもある

何度か時代の波を超え なおかつ 今の時代にふさわしいものは

普遍性があり、古典になりうるのだろうと思う

明治、大正、昭和初期のものは ある意味 いるだけでありがとう 

という気持ちもあるが  欧米では 100年なんてまだ新しい

最近新しい建築を見るよりも 古いものをめでる傾向にあるのは

ただ古ければよいのではなく

どういう要素が 時代を超えられるのか 探ってみたいのかもしれない

スポンサーサイト

本―映画―音楽 の輪廻

先日 久しぶりに会った 娘が買ったという本をぱらぱらめくった

面白そう と帰ってから早速図書館で借りた

それは 谷口吉郎 の「ゆきあかり日記 せせらぎ日記」 というもの

タイトルから想像すると 金沢の事が書かれているかと思いきや

実は第二次世界大戦直前、1935年頃のベルリンの話だった

建築家の谷口は ベルリンの日本大使館建設の監理者として赴任したが

ちょうどヒットラーの全盛期のベルリンが舞台で

なんだかドキドキする・・・シチュエーション

ベルリンでの下宿先での話や 仕事の合間に町を歩いたり

オペラを鑑賞したり という話で その頃のベルリンの建築や町の様子が

書かれている

せせらぎ日記のほうは戦時中で工事がはかどらず 仕事がないとき訪れた

パリやイタリア、ウイーン、北欧 などなど の旅行記だった

この時期 ヒットラーは現代建築を 敵対視し バウハウスも閉鎖され

グロピウスやミースなどバウハウス関連の建築家は アメリカに亡命した

歴史の本でなんとなく知っていたが その時期 リアルにその場にいた

体験記、しかも建築家の書いたものなので 大変興味深い

谷口吉郎の書物は初めてであったが 文章もうまいということもわかった

建築家らしく、論理的で無駄な物が無く しかも興味を持っているものに

共通点があるので 分厚い本であったが 飽きることなく 一気に読んでしまった

旅行記やエッセイは 共通の興味がないと 意外とつまらなかったりするものだが

今、手元にないが  買うべきだったか・・・ 


ついでに 以前娘がいいよと言っていたDVDを見たこともあげよう

「善き人のためのソナタ」 という、 1984年頃の東ドイツのはなし

DDRのシュタージ という 秘密警察のような 国家体制組織に所属する主人公と

一般人の作家の交流を題材にした内容だった

とてもよかったと感激したが 内容がもうひとつ理解できなくて

解説をいろいろ読んで さらに もう一度みた

「善き人のためのソナタ」というタイトルは 日本でのものであるが

それはベートーヴェンの「熱情」のことで レーニンが このソナタを聞く人に

悪い人はいない というようなことを言ったことに由来するらしい

そこで我が家のCDの中から ベートーヴェンの ソナタ集をみつけ

{月光、悲愴、熱情の3大ソナタ集があった!!}  何度も聞いてみた

最近、聴くことがなかったが 有名な曲なので よく知ってはいるが

改めて 聴いてみると その奥深さに 感銘した

本―映画―音楽― がこうして繋がっているいて、 繰り返し見たり聴いたりすると

またまたその深さに はまり込んで と 気持ちが豊かになる日日であった




ヒュッゲ について

ちょっと久しぶりのブログです

1月のある日、建築士会の講習で家具のお話がありました

デンマークの家具を扱っている方のお話しで まず デンマーク人の暮らしについて

「HYGGE」 ヒュッゲ という言葉ではじまりました

これはデンマークの人の暮らし方を象徴している言葉で 他の国の言葉には

置き換えにくいらしく

「人と人とのふれあいから生まれる 暖かな居心地のよい雰囲気」

という感じが近いらしく、デンマークの個性を形成している言葉です

その話を聞きながら そういえば 今のわたしも そういうことを目指しているなと

改めて感じました

競争するでもなく、お金もうけに走るでもなく

あるもので それなりに満足する暮らし・・・

家族がともにいて、食卓を囲み たわいないおしゃべりを楽しみ

お互いの興味のあることを披露しあい、相槌を打ったり、共感したり・・・

その興味の範囲は文化的なことや暮らし方の工夫など

人を傷つけない話題・・・

それはある程度の年齢に達し 欲が無くなり 残り少ない人生を

いとおしく感じられるようになったからかな  と 思う

最近の日本人の様子を見ていると

かつてのように 近所付き合いがなく ネットでつながった

人間関係で不安を隠せない

どうしてこうなっちゃったんだろうねと 考えてみるが

私の回答は やはり アナログ的な関係を大事にしないからかな と

いうことに尽きる

たとえば 知らない街で ランチでも というとき

今なら スマホで検索して よさそうなところに辺りをつける

でも、私は出来るだけ 歩きながら 「この店 よさそうかも」 という

直感で入ってみる

こういうことを繰り返していると 意外と 臭覚が鍛えられ

大きな失敗はない まあ、たまに失敗しても

それを糧にしようとする 転んでもただでは起きない根性がつく

人間は失敗からしか 学べない と誰かが言っていたけれど

つくづく 感じ入る

昨年末 夫と「ボヘミアン ラブソディ」 を見ようと 出かけた

ところが 上映時間を間違え アウト! ひょっとして 別の映画館であるかも

と栄から名駅に移動して 探してみたが やはりアウト こんなとき

スマホで検索すれば みられるんだよね と自分で自分を笑ったが

二人で まあいいっか となり それならば デパートで 「北欧展」をやっているよと

夫を誘ってみたら 意外と 「そだね!」 となって 楽しんだ

まあ、こういうことも 計算どうりでは できないね と なった

後日 この映画 伏見のミリオン座であることを発見、 なじみの映画館なので

ホイホイ出かけ、感動して クライマックスでは 涙が 止まらなかった

 

シンプルな暮らし方 とは

この頃はやりの 断捨離

気になりつつ いざ自分の事となると ・・・

最近 リフォームの仕事が多くなっているが その前に 片づけをしないと

現場が始まらないことが増えた

押入れの天袋(押入れの上部の収納)を開けてみたら

まあ、出てくるわ 出てくるわ 状態

戦前生まれの方たちは 物を大事にしていたが 

もっと普段から使っていればいいのに、お客さん用にとか その内にと

とっておいたのでしょう

そのうちに とかいつか大事な時に  って どういう時 と思ってしまう

そういう苦労を見て 自分を振り返ると

他者から見れば 同じことなんだろうな~ と反省しきり

天気がよくて 用事のない週末に

夏物の寝具の洗濯をし、扇風機など季節ものをかたづけ

さあ、 と久しぶりに 棚の中の整理を始めた

先ず、たまりにたまっていた 年賀状の整理  

最終的にはデーターがあればと 思い切って処分 

量的には大したことはないが 長年引っかかっていたことが ちょっと解消

本も もういいかと随分処分にまわした

台所の引き出しも 時々整理しているが 使わない調理用具を処分

工具箱も ポンポン入れていただけの状態だったので 不用品を捨てる

一度弾みがつくと えいやー とかなり調子がでてきた

気になるところは たくさんあるが 長年の習慣や物は

そう簡単には 無くならない

が まずは1か所ずつするしかない 

最近、消費税が上がったら 購買意欲がなくなるからといろいろ対策をとっている

しかし、もう先があまり長くない私たちの世代は 買い控えに走ると思われる

旅行とか おいしいもの食べるとか 物が残らないものの消費がますます増えそうだ

一番大きな物、新築住宅は 減ってくるのが 当然と言えば 当然だ

これからどうすればいいの?

つい最近 サバイバルについて書いたと思ったら

西日本豪雨で大変なことになっている

この3連休は ボランテイアさんが沢山活動していると聞くが

暑い中、環境の悪い中で 頭が下がる思いがする

同時に これからの日本といわず地球は一体どういうことになるんだろう

きっと家の建て方、いや 家を持つことの意味も問われそうだ

70年前、戦争で家を失った人の為に いろいろと考えられた

先ずは小さくても家を確保すること 

私が生まれた頃、いわゆる2DK という団地が登場した 

その後どんどん進化し 新しい価値観のすまいが増えた

ところが先日 住宅問題や都市計画の大月敏雄先生の

ちょっとショッキングな話を聞いた

大月先生は昨年発行された「町を住みこなす」という本をもとに

名古屋でセミナーを開催してもらい、いろいろとお話が出来た

今まで興味を抱いていた先生だったので 身近でお話でき

先生の考え方や人柄がわかり いいな と思っていたが

先生いわく、 今までの居間を中心にした 家族の垣根がなくなる

家造りは 今後 対応できなくなる

特にシェアハウスの考え方が普及すると 他人と家をシェアすることも

ありうる  その場合家族でしか住めない家は 不要になるのでは

ガガーン  そうか そういう考え方も 有るなー

と妙に感心した

確かに 10年くらい前 社会学者の上野千鶴子氏が 面白いことを言っていた

「建築家が設計した非常に個性的な家は その家族にとっては 100点かもしれないが

その考え方についていけない家族にとっては 限りなく0点に近い

こういう あまりに個人にフィットした家をつくっていくと 市場性がなくなり

空き家が増えてくる」  と

その時は そうだそうだ と賛成した

私は使いやすい 家は造るが あまりに特殊な設計はしない と思っていたからだ

そのことを突然思い出した

極端な話、江戸時代の長屋のような家  あるいは トレーラーハウスのような家

小さくて そこがだめなら別のところに移れ なくしてもまたすぐ作れる

そんな刹那的な 家って ちょっとさみしいが・・・・どうしたものだろう?

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。