FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖父母の家

身近な若者がおじいちゃんとおばあちゃんが住んでいた家に移った

亡くなった後、空き家になっていたので 孫が目を付けたというわけ

そういう選択肢があることが新鮮だった

親たちはすでに何らかの形で家を持っているので必要性が薄い

もし所有していないならばもっと以前に一緒に住むとか、二世帯住宅にするとかしている


私の実家も両親亡き後、近くに住む弟に面倒を見てもらおうと思っていたが

彼らは持家ではないけれど 生活の拠点が成立しているので その気がないようだった

それとも嫁は姑のにおいのする家はいやなのかもしれないが・・・

それほどことは簡単にいかないことがわかった


今30歳前後の若者たちは 経済的にも 家を所有できる人は限られている

世の中、空家が増えているので こういう方法はいいかもしれない

東京では 少し前から 郊外に住む60代くらいの夫婦が 

子供も独立し、大きな家はもういらないと

家の必要な若い世帯に貸して、自分たちは都心のコンパクトで便利な住いに移り住んでいる

この流れを鉄道会社が誘導し、仲介しているらしいが

東京ならではのニーズがあってのことだと思う

私たちが住む名古屋のやや郊外のエリアでもこのところ空き家は増えている

放置されているものもあれば、しばらくして 転売され

駐車場になったり、 新しい家になったりと 変化が激しい

ある程度不動産需要がある地域であれば何とでもなるが

過疎地だったらそれも難しい・・・


自分のことで考えると 親世代の価値観とか趣味は 反発の対象になることが多く

お互いの生活の侵害などを考えると なかなか 難しい

しかし一世代おいた 孫世代になると

おじいちゃんやおばあちゃんは 直接的な敵対感はなく

優しくて、自分を可愛がってくれたという好ましい印象かもしれない


ファッションの流行は30年くらいで繰り返すというが

自分たちが若いころはやっていたものは 古いという感覚でも

若者にしてみたら 新鮮で しかも昔より洗練さた使い方になっている

それは 住まいにおいても同じような傾向があるようだ

私が見たら なんで と思うようなものも

上手に生活に取り入れ、感心することもある

古いものを再利用することは、ひいてはものを大事にするということになるので

いいことだと思うが

住まいに関しては 耐震性能と断熱性能が ネックになる

古い家の何とも言えない味に惹かれて住んでいる人たちは

異口同音 冬が寒いのよね~ !!  と
スポンサーサイト

恋しいお布団

暑い 暑い夏も いつかは終わる時が来る

そして あったかいお布団がほしい日は ある日突然やってくる

今年の場合はそれは昨日だった

台風のこともあり、テレビの天気予報番組はすっかりお友達

最低温度をみて、これは朝方寒いぞと分かったので 毛布を出しておいたら

その心地よさにハッピーな朝を迎えることができた


ベッドでの生活が長くなったが 海外の住宅のようなおしゃれな生活は 難しく

日本で 冷暖房に頼らない生活を維持するには何種類かの掛布団が必要だ

真夏日の続く時期はタオルケットさえ 不要だが 

しばらくすると、タオルケットでは少し寒い時期が来る

この時期 我が家は 薄めのダウンの布団を愛用

しかし、厚い冬用の布団に一足飛びにできるかといえば そうでもない

薄めのダウンと 厚めのダウンの間は 毛布が重宝する

もっと寒くなると 厚いダウンと毛布の重ね使いとなるが

これは ずれてきて 調子が悪い

そこで何年か前から 薄めと厚めのダウンを2枚重ねて

掛布団カバーに入れることを思いつき 調子よく過ごしている


家族全員がベッドで就寝する場合 押し入れが不要のように思えるが

こうした状況を考えると 必要ですね


最近、泊り客もめっきり減ったが

それでも2組くらいは客用布団が必要だ

さして広くもない 和室の押し入れに

客用2組と家族の調整用の掛布団を全部入れるのは 意外と大変で

毎回入れ替えに奮闘している

クローゼットに余裕があれば 

毛布や薄めのダウンの布団は入れることができるが

家族全員の布団の管理を主婦が一手にするとなると

1か所にまとめておきたい

もちろん家族それぞれが自立していればいいが・・・

このあたりの 読み違い と 収納不足を 反省すること しかり

 



衣替え

例年だったら お彼岸の休日のころ

夏服を片付けて 秋物を出す という習わしだった

とはいえ 一気に替えるということは不可能なので

もう着ないなと思うものを洗濯して ちょっとよけておく

今年は この作業の必要性が まだ少なくて

いつまでもしつこく 半袖のお世話になっている

天気予報によると 秋が短くて 一気に冬が来るらしい (泣)

今日も台風の影響とはいえ 冷房をかけてこの文章を書きながら 

何とも言えない気分だ


もう何年も前から 夏に着る半袖と 秋に着る半袖がいると認識している

春ならば 季節を先取りして 早めに夏の半そでを着ることは いいが

秋なのに いつまでも 夏ものも どうかと思う?

かといって それほどたくさんの洋服を持つのも 不経済なので

少し濃い目の色の 半袖を用意しておくと いいのかもしれない


こういう状態が続くようなら 衣類の収納方法も考え直さなければならない

アメリカの家のように 広い 大きなクローゼットがあり

1年中の衣類を出しておけるなら

衣替えも不要で 楽だよなー と主婦でなくても思う


最近はファッションもカジュアル化して 小難しいルールはあまりない

秋を先取りして 暑苦しい恰好をして 汗ダラダラは

かえってエチケット違反で みっともない

そうなると 重ね着をうまくやるしかないか

基本は半袖を着て その日の天候に合わせて

上着か カーディガン の素材を選ぶ


そういえば最近はちょっとご無沙汰しているが 海外旅行に行くとき 

現地の天候の予想がつかなくて  組み合わせを考えながら 悩むが

本当は普段の生活も この方法が いいのかもしれない


施工中の住宅で クローゼットの棚をどうするかということを考えている

収納家具にお金をかけなくなって久しく

ハンガーパイプをたくさん作って 余った空間に

プラスチックの衣装ケースを置く というパターンは 当たり前になった


この頃自分でも楽だなーと思うのは

箪笥に収納するのではなく  棚に 畳んで重ねる収納 

これは ファッションの店舗をみて 思いついた

1段にせいぜい4,5枚というところだが

よく着る服は上に重ねるので 

下にいつまでもある服は 活用度が少ないこともわかり

処分するときの目安にもなる

これは 引き出しや扉をつけるより かなり ローコスト

ただし、ほこりがつくので 毎日のように着るものに限る

季節外のものは きちんと手入れをしてかたづけるのが 原則です


若いクライアントは この方法に 乗ってくれた

うまく機能するか  今後が楽しみだ


プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。