FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本は友だち

最近のちゃっかり習慣

自分でいうのも なんですが こういう人がいるから 

本が売れないんだな と  思う

本の中にもいろいろあって 図書館で借りれば済むもの

やはり ちゃんとした対価を払って 自分のものにしたいもの

というのが大体の選択ですが

インターネットによる 手軽な 中古本の購入 というのが

新たな手法か・・・  最近は もっとずるくなって

本屋さんに行ったとき、 いろいろ調べて これはと思う本を

まず図書館でリクエストしてみる  という方法もあることに気が付いた

そんな中で 今読んでいるのは 「本は友だち」 という本

ラジオやテレビでおなじみの ドイツ文学者の 池内紀 さん

とっても感じのいい人で ファンなんです・・・!

この本は 池内氏が読んだ本を要約して その本のエッセンスを伝えている

感心したのは 氏 が建築関係の本も よく読んでいるということ

そしてそのいくつかは 私が 持っている本 ということだ

そう、図書館で借りたり、中古本ではない  きちんと定価で買った本が

掲載されていた!

こういうところが 私が池内氏のファンでいる理由なんだな


紹介すると  小泉和子さん 「 昭和すぐれもの図鑑」 「ちゃぶ台の昭和」

これらの本は 持っていないが その他の本は何冊か持っている

小泉さんはテレビでもおなじみの昭和の暮らし方の紹介で有名なので 

まあ、これらの本を紹介するのはわかるが

青木正夫先生他の「中廊下の住宅」 は建築計画の方なら誰でも知っているが

どちらかといえば 学術書の類

江戸時代以降の庶民の住まいがどのように変化してきたかを探る時

欠かせない本で多くの方が論文にも引用している


植田実 の「集合住宅物語」も専門的なジャンルの本

彼は学生時代よく読んでいた「都市住宅」という本の編集者で

有名建築の作品が云々ではなく、ふつうの人々の暮らしに寄り添っている

そういう訳でこの作者たちは 建築家の上から目線的なものではなく

普通の人々の暮らしをしっかり見据えたうえで 建築を考えるという

どちらかといえば 社会学的、文化的な側面が大きいという共通点がある


ドイツ文学者という肩書で、専門的な実績がどんなものかよくわからないが

池内氏はドイツ文学を通じて 人間の暮らし方を見ている人なんだなと 思った

そういうところが 惹かれるのでしょうね







スポンサーサイト

あたらしい習慣

習慣というものは なかなか根づかない

ある本によれば 100日というのが一つの目安らしい

上からの 大きな力 で 押さえつけられているときは

否応なく やるしかない という時期もあるが

そういうものがだんだんなくなり

自分の意志 とか 気持ち などが 主たる 要因となると

自制心というものに 影響され とても困難な状況になる

子育て中は 待ったなしで 次から次へ いろいろやらなければならない

しかもそういう時期は 若く 体も よくついてきてくれた

が  今は どうだろう

まあ いいか 明日でも  誰にも怒られないし  と

それをいいことに だら~ とした暮らしが続くと

なんとなく 体も 顔も だら~  となってしまう

たまりにたまった 皮下脂肪 を嘆きながら  重い腰が なかなかあがらない

だれかに  ガツン といわれて 大きなショックを受けると いいのかなと

これまた 他力本願的な 発想に


そんな私が 今ちょっとあることで 心を入れ替えつつある・・・

こんなことを 公表してしまうのは どうかなとも思うが 

だんだん図太くなって  まあ いいか ときた


何がきっかけだったか忘れたが 

今までよしと思い込んでいたものが 意外とそうではない と気づくことがあった

ある程度の 年齢になってくると

その人の人生が 顔に現れてくる  と よく言われていたが

もう、十分ある程度の 年齢になっている ! 

生活習慣を 見直す ということは 同じ生活が続いている限り 難しい

が 最近 朝 掃除をしてみよう と思い立った

今まで 掃除当番は 夫の仕事 と決めつけていたが

(私は料理や洗濯で忙しいのだ  と)

朝起きて 朝ごはんを作るまでの 15分から30分程度

キッチンや 水回りの 雑巾がけをする  というもの

キッチン、洗面所の扉を拭いたり 床を拭いたり  と

本来なら 習慣的になっているはずのことが  おろそかだったから

夫の大事な仕事を取ってはいけないので

いつもなら 大掃除で 1年分を挽回していたようなことを

毎日 少しずつ やってみる   

まだ 100日の半分もいっていないので 修行が足りないが

あっちの棚、 こっちの棚を 少しづつ こざっぱりしていくのは

意外と 楽しく 気持ちがいいものだと わかってきた
プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。