スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンから見える景色

長く同じキッチンを使っていても

家族構成や自分自身が変わってくると気分も変わってくる

子供が小さい時は

ちょうどその頃はやり始めというか みんな憧れた

対面式キッチン しかないと思っていた

それまでのキッチンは壁に向かうパターンか

あるいは対面といっても ダイニングとの間にハッチカウンターがあり

さえぎられた感が大いにあった


この中途半端な閉塞感が嫌でわたしのキッチンは 思い切って流しの上の吊戸棚はやめた

ダイニングやリビングにいる家族の様子がよく見えるだけでなく開放感もあって グッド!

と思う部分もあったけれど キッチンにいるのは 私だけ 

しかもできた料理を運んだり、何かものを取りに行ったりと

結構動かなければならない

使ってみて初めて対面式キッチンの欠陥に気が付いた


でもそれだけがキッチンのポイントではなかったことが幸いした

キッチンは主婦の居場所なのでちょうど扇の要のように家の中心においたため

玄関や洗濯場、その他家じゅうのアクセスがよくて

ど~ん とどまんなかに鎮座している かんじ!



もし壁に向かうキッチンを作るならば流しの前に大きな窓を作って

庭や近所の景色が見えるようにするのも楽しい

そういう欲望も捨てがたかったので

流しの前はダイニング越しに大きな掃出し窓を作り

庭が見えるようにした

子供が育ち、家族も減り、

ダイニングには誰もいないことが多いが

庭を眺めながらの作業は四季を通じて楽しみがある

春は若葉の息吹、夏はあふれんばかりの緑に包まれ、秋は紅葉

冬景色もなかなかで 落葉した樹形は 思いのほか饒舌

まれに雪の花が咲いているときは 言うに及ばず 


庭をどこから眺めるかということも庭づくりの大きなポイントだということが

キッチンから庭を眺めながらわかってきた




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。