スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は山おばさん

日本人は新しいことを考えるのが大好きな国民だ

それは日本語という言語にも関係があるのかもしれない


たとえばここ何年かブームになっている登山を取ってみても

「山ガール」 なる呼び名は 新語なのか 造語 なのか?

登山する女性を 揶揄しているのか  それとも ブームをあおっているのか?


やっと涼しくなった10月の連休に 本格的(?)にデビューしました

私の登山経験は 中学、高校生の林間学校や

子供のお供の学童保育のキャンプの事業程度でした

今回もその延長かもしれないが 手近な 鈴鹿です


山に行くには最低限、靴と歩きやすいズボンは必携

全部一度にそろえるのは大変なので リュックやシャツなどは有り合わせで

そうそう、雨具と防寒着も必要ね

1,2年ほど前から 近場で訓練をしつつ 道具もそろえてと

気の長い話でした

そうこうしているうちに 世の中は 「山ガール」なるブームで

少々怖気づいていました


当日は連休最終日でそれほどの人出ではなかったけれど

居ますよ、 噂の「山ガール」が

いったいどんな人を山ガールというのか見当もつかないままですが


往路はそんな余裕もなく 少し風邪気味の体を気遣いながら

何度も休みながら やっと頂上へ

でもそれほどの感動はなく

ここからどうやって降りるのか それが心配で心配で

帰りはゆるゆると降りたり 登ったりだ  と相棒はいうものの

下り坂が苦手なので 余裕がない!

かなり下って もう心配がない  というあたりから

やっと余裕が出て、山で会う人の服装もチェックできた

私称 「山ガール」らしき人の分類は

1 スカートをはいている

2 杖を持っている

3 カップルで似たような恰好をしている   ですね

でも発見もありました

スカートはズボンより膝の屈伸がしやすくて意外に動きやすそうだ

いわゆるニッカーボッカー と同じだな

杖は相棒がけがをしたときに買ったものがあるが  忘れてきた

今度は マイ杖を買うぞ

若い人たちは似たような恰好をしたカップルが多かったが

自然を楽しんでいる様子は ほほえましいものだ


途中で会った60代後半くらいのご夫婦は奥さんがリーダーだった

健脚で淡々と歩いている姿が  かっこよかった!

スタイルは普通の登山者ファッション


ファッションにこだわるよりも いかに山が好きかということが

かっこ好さの秘訣だとわかった
 

そんなことを楽しんだ1日でした

今度はもっと景色がきれいな場所で トレッキングがしたい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。