衣替え

例年だったら お彼岸の休日のころ

夏服を片付けて 秋物を出す という習わしだった

とはいえ 一気に替えるということは不可能なので

もう着ないなと思うものを洗濯して ちょっとよけておく

今年は この作業の必要性が まだ少なくて

いつまでもしつこく 半袖のお世話になっている

天気予報によると 秋が短くて 一気に冬が来るらしい (泣)

今日も台風の影響とはいえ 冷房をかけてこの文章を書きながら 

何とも言えない気分だ


もう何年も前から 夏に着る半袖と 秋に着る半袖がいると認識している

春ならば 季節を先取りして 早めに夏の半そでを着ることは いいが

秋なのに いつまでも 夏ものも どうかと思う?

かといって それほどたくさんの洋服を持つのも 不経済なので

少し濃い目の色の 半袖を用意しておくと いいのかもしれない


こういう状態が続くようなら 衣類の収納方法も考え直さなければならない

アメリカの家のように 広い 大きなクローゼットがあり

1年中の衣類を出しておけるなら

衣替えも不要で 楽だよなー と主婦でなくても思う


最近はファッションもカジュアル化して 小難しいルールはあまりない

秋を先取りして 暑苦しい恰好をして 汗ダラダラは

かえってエチケット違反で みっともない

そうなると 重ね着をうまくやるしかないか

基本は半袖を着て その日の天候に合わせて

上着か カーディガン の素材を選ぶ


そういえば最近はちょっとご無沙汰しているが 海外旅行に行くとき 

現地の天候の予想がつかなくて  組み合わせを考えながら 悩むが

本当は普段の生活も この方法が いいのかもしれない


施工中の住宅で クローゼットの棚をどうするかということを考えている

収納家具にお金をかけなくなって久しく

ハンガーパイプをたくさん作って 余った空間に

プラスチックの衣装ケースを置く というパターンは 当たり前になった


この頃自分でも楽だなーと思うのは

箪笥に収納するのではなく  棚に 畳んで重ねる収納 

これは ファッションの店舗をみて 思いついた

1段にせいぜい4,5枚というところだが

よく着る服は上に重ねるので 

下にいつまでもある服は 活用度が少ないこともわかり

処分するときの目安にもなる

これは 引き出しや扉をつけるより かなり ローコスト

ただし、ほこりがつくので 毎日のように着るものに限る

季節外のものは きちんと手入れをしてかたづけるのが 原則です


若いクライアントは この方法に 乗ってくれた

うまく機能するか  今後が楽しみだ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード