スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震から1か月でわかってきたこと

ときどき出かける げんさいカフェ

昨日は福和伸夫先生の「熊本地震から1か月でわかってきたこと」

という臨時の会があると知り 参加した

予想通り大変大勢の人が参加し、予備の椅子を補充していた

テレビの報道と被ることもたくさんあったが 

学者らしく、20年前の阪神淡路大震災との比較から始まった

共通点は 地震の規模、昼間でない、犠牲者は高齢者と大学生が多いことなど

倒壊したのは古い木造住宅とピロティタイプのコンクリート造というのもよく似ている

熊本は地震地域係数が低いため 対策が遅れていたことの影響もみられるが

大きく前進したのは 情報が早く集まったこと

犠牲者が少なかったことである 阪神との人口比で試算しても100分の一

全壊建物の割合も20~30分の一であるが

これは阪神のときは耐震性能のある家が全体の30%だった事に比べ

今回は約70%と新耐震基準の住宅の割合が増えていたことにも関係している

実は 国は住宅の耐震化の目標を2015年で90%と予測していたが

実際は82%程度で 目標値との差はまだ大きいが

それでもある程度のレベルには近づいてきていた

そのほか列挙すると以下のようなことを述べられた

・小中学校の耐震はかなり進んできたが 予算の関係から

役所や病院の耐震化の遅れが 今回大きなリスクであることが判明した

・地震地域係数というものが最近取りざたされているが これは地震保険の

保険料の算定にも使われるが 実は活断層があるところは低くなっている

と 不可解なことをいわれた  これは今後どういうことなのか チェックが必要

・単純に言えば壁率の高い 堅い建物は ずれてもかたちは残っている

などなど 興味深い話が続いた

今後はそれぞれの専門家による報告が予定されているそうです


最後の質問コーナーで  この地震のあと 耐震基準が変わるかということについては

「たぶん変わらないでしょう、 というのは そうなると さらに既存不適格の建物が増え

補強のための補助金が準備できないから ではないか」  とのこと


私の感想は 現在の基準できっちり作れば よほど問題はないが

必要なのは その土地の地盤の良し悪しやそれに対する対応 

さらには キチンと施工し、メンテナンスをすることなんだろうな と

今更のように あらためて感じた
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。