ふらっと 大阪へ

大阪で面白いイベントがあると知り

そうだ、 大阪へ 行こう !  と 唐突に出かけた

このフットワークの軽さは なんだ と 自分でも驚いた

1つには 家事や子育て、親の介護から解放された から

気になるのは 夫の事だけだが  まあ それは大したことではない

今までの人生の中で、結婚する前の シングル時代は

確かに この気楽さがあったが

何年かの 拘束された時期をやり過ごし 再び解放された時期は

本当に貴重だ  その内、 自分自身のお守りが大変になるだろうが

取り敢えず 今はまだない

2つめとして、 こういう年齢になると 交通費の割安の恩恵にもあずかり

そういうことも 気楽さの一因ではないかとも思える

また、仕事も現役とはいえ 40代、50代の様な 多忙さもなく

割合 気儘に やりくりができるようにもなっている

まさに 人生の 熟成期 だ  !!!

大阪のイベントは 生きた建築 ミュージアム フェステイバル

というもので、 さまざまな建築を この時期に限って公開されている


淀屋橋から ローラー作戦のように ガイドブック片手に 見て回った

大阪のいわゆる船場というエリアには 明治から昭和初期にかけての

近代建築が 結構残っている

しかも それらが 現役として活用されているのが 驚きだ

新しいビルも 敷地の一部に 公開空地をつくり 緑化している

以前から 御堂筋は 車道と歩道の間が緑化されていて

とっても素敵な街路であったが、 そうでなかった道路も 街路樹がうえられ

オフィス街であるが、散歩が楽しい街並みだ

そんな中に 突如 昭和の香りのする 近代建築が 現れるのだから

たまらない  

時折ショッピングをしたり、 ガイドにないけれど いいな と思える建築を

見つけたり  気儘なひとり の町歩きは最高

写真は  HP のお知らせ で公開します

最後に 時間があったので 日本橋の 安藤建築を見に行った

1時間以上も並んで やっと見れたが

一般市民にも建築愛好家が 多いという 文化に 驚いた

やはり 大阪は 歴史と伝統があり そして現在も頑張っている感が

伝わった  

名古屋の街は まだまだ これから 何とかしなければ と ついつい

比較してしまったが  自分に一体 何が出来るんだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アールアンドエス

Author:アールアンドエス
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード